せっかくの活動も台無しになる?

子どもたちの良くない行為は、「楽しみながら学ぶという経験を与える」というコーチの目的を壊すことになります。しかし、ほとんどの問題はプログラムをきちんと計画し子どもたちの行いに関するきまりを初めから作っておくことで、避けられることが多いと考えられています。

以下の2つの項目をチェックして、子どもたちが飽きてしまっていないか、子どもたちが楽しめる内容になっているか、まずはコーチ自身のやり方を振り返ってみましょう。
6205345905_d59a564256

このようなクラブ活動になっていませんか?

注意が散漫、やる気が低い、他の子を邪魔する、そんな子がいるということはプログラムがその子たちの要望に合っていないことの現れでもあります。以下のようなプログラムはこのような状況になりやすいのです。

・プログラムがきちんと調整・管理されていない。
 (コーチの人数が集まらない、集合時間・場所が伝わっていないなど。)
・多様性に欠ける。
・挑戦するプログラムが少なすぎる。(簡単すぎる)
・挑戦するプログラムが多すぎる。(難しすぎる)
・きちんと体系だっていない。
medium_3805015058

このようなメニューを作っていませんか?


さらに、以下のような練習メニューを組んでしまうことで子どもの興味を持続させることができなくなったという経験は多くのコーチにあることです。

・多様性に欠け、挑戦するようなメニューが少ないため飽きてしまう。
・説明が長く、早く新しい練習に移れないので不満がたまる。
・ひとつの練習が長い間続く。
・プレーヤーが動かない時間が長い。
・何をして良いのか分からないドリルや、目的が説明されていないメニュー。
・子どもたちの要求や手助けが必要なのを無視して行うメニュー。


良くない行為は見直しのタイミング!

知識を持ったコーチが行う指導は、子どもたちに楽しさや喜びを与え、積極的に参加する意欲が湧いてきます。また、スキルがうまくなるので、参加者個人の目標を達成しやすく、継続してクラブに参加してくれるようになります。

もしも、子どもたちの振る舞いが悪いなどの問題に直面したら、それはプログラム全体や、メニューを見直すサインになっているのかもしれません。まずはコーチの取り組み方から変えていきましょう!
6206053114_d17f8e68fc